退職者ビザ

 - フィリピン退職者ビザ -

フィリピンは生活費、わけても人件費が安く、自然の恵み豊かな国で、ゴルフやガーデニング、ダイビングやボランティア活動など、退職後の人生をのんびりと過ごしたいとお考えの方にぴったりの国です。"特別居住退職者ビザ"(SRRV)は、大統領府直下のフィリピン退職庁(PRA)が認可し、入国管理局が発給するビザです。資格条件は35歳以上、フィリピン国における犯罪暦のない方ならどなたでも、SRRVを申請することができます。
SRRVの取得者は、数次入国ビザを受ける特権とフィリピンでの永住権が与えられます。SRRVを保持している限り、フィリピンを"訪ねる"のではなく、フィリピンに"住む"ことができるのです。

退職者ビザとは SPECIAL RESIDENT RETIREE'S VISASRRV) のことで、特別居住退職者ビザと訳されております。フィリピン退職庁(PRA)が発給機関であり、もともとフィリピン共和国大統領府直下だったのが、現在はフィリピン貿易産業庁の管轄機関となっています。 この制度を正しく説明し、必要書類の取りまとめて退職庁に取り次ぐのが楽園生活マネジメントサービス社のような公認取次店です。退職者ビザは外国人がフィリピン国への無制限出入国特権と永住権が付与されるたいへん優遇されたビザです。 マルコス政権後期、経済の極端な落ち込みから、外貨準備高不足が大きな問題となっておりました。退職者ビザはその外貨準備高不足を補うことを最大眼目として始めた制度です。 外貨準備高不足を補うという当初の役割が必要なくなった現在でもこの制度を継続している理由は、やはりフィリピン国で外国人が長期滞在して、年金や貯金をもとに外貨を消費したり、ヘルパーなど現地の雇用促進をしてくれることは、経済全体への波及効果として見逃せないものだからです。またフィリピン共和国が、外国人を暖かく受け入れる豊かな国であるということを内外にアピールしたいという意図もありましょう。退職者ビザは40年近い歴史を持つ由緒正しきビザなのです。

 

50歳以上   2万ドル(約260万円)
35
歳-50歳未満は5万ドル
(就労できます。)

50歳以上年金受給者   1万ドル(約120万円)
(年金額が単独申請者では月額800ドル(約9万6千円)、ご夫婦で1000ドル(約12万円)以上の方)
(扶養家族として同伴取得できるのは配偶者のみで、子供を加えることはできません。)
(就労できません。)

規定預金の最低預け入れ期間は1ヶ月間です。

つまり定期預金を預け入れて1ヶ月経ったらにコンドミニアム、
長期定期借地権付住宅の購入等に使用できるようになりました。

07年1月4日付退職庁書簡の全文

accredited